歯周病・再生医療研究所 はやしデンタルクリニック - 小児歯科・予防歯科・矯正歯科

クレジットカードOK 新三河島駅徒歩30秒 女医在籍

Web診療予約

荒川区 京成本線 新三河島駅より徒歩30秒の歯医者
荒川にお住いの方にたくさんご来院頂いています。

03-3806-8148

診療時間 9:30 - 13:00 / 14:30 - 19:00(土曜 9:30-15:30) 休診日 木・日・祝

小児矯正

- 子供の歯並びを注意深く -

小児矯正のタイミング

小児矯正

子どもの矯正治療は乳歯列期から始めることもあります。しかし、それほどそういう状況は多くはありません。
前歯が永久歯に生えかわる7~9才から始めるのが一般的と言われています。
ご両親は注意深く、お子さんの歯を気にしていて、気になったらすぐに歯医者に行きましょう。受け口や出っ歯などの噛み合わせの異常はこの時期以降になると自然に治ることはほとんどありません。むしろ顕著になってくるのがこれから後の時期です。
また、これから生えてくる永久歯の大きさがある程度予測もできるようになるのがこのタイミングです。
お子さんの歯並びや、噛み合わせが気になったらいつでも歯医者に行くべきです。行く時期は症状によって様々ですので、早めの診断をもらうのが最善の策だと言えます。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

大人になってからも矯正は可能です。しかし、子どものうちに矯正を行うことで、その後の人生が変わる可能性があります。

顎の成長のコントロール 子どもの顎は、噛み合わせが悪いまま放っておくと顎の変形を招いてしまいます。
顎が成長しているうちに矯正すると、その可能性を減らすことが可能です。輪郭が歪み、将来のコンプレックスにつながることもありえます。
良くないくせを治す 指しゃぶりや爪噛みなどを治すことができます。
歯並びをきれいに 永久歯が大きいと、いずれ抜歯が必要となる場合もあり得ます。
小児矯正では成長段階にあるのため、綺麗な歯並びを形成しやすくなります。
抜歯の可能性を減らす 成長期を過ぎてから矯正治療を行うと、永久歯を数本抜く場合も発生します。
まだ顎が成長途中に噛み合わせを整えることで、不必要な抜歯の可能性を減らすことが可能です。
虫歯予防も一緒に 症状や段階にもよりますが、矯正期間中は1カ月に1回程度通う必要があるため、その都度検診ができて虫歯予防にもつながります。
コンプレックスを解消できる 輪郭のズレはコンプレックスになり可能性が非常に高いものです。
思春期には気にするあまり笑顔をつくれなかったりすると、大きな問題になるかもしれません。
矯正治療で自然な歯並びに改善し、本来の笑顔を常に持っていられます。

小児矯正治療の流れ

小児矯正治療の一般的な流れは、下記のようになります。

カウンセリング

保護者の方とお子様のご希望や疑問点などを細かくお伺いします。
次に治療の必要性や治療の適切な開始時期や、予想される治療法や使用装置、治療期間や治療費についてもご納得頂くまでご説明します。

検査

診断や治療計画の立案をするために、歯型採取、顔面・口腔内写真撮影、パノラマレントゲン写真撮影、咬合、歯周組織、虫歯などの検査等を行います。

治療計画の説明

検査結果をもとに、治療計画をご説明します。治療法や装置の選択ができる場合、それぞれのメリットやデメリットをお伝えします。疑問点や不安なことはお気軽にご質問ください。

クリーニング、歯磨き指導

保護者の方にもわかりやすいように、口腔衛生についてご説明します。
矯正治療の大敵は虫歯です。治療中に虫歯が見つかった場合、治療を中断して装置を外し、先に虫歯を治療する必要があり、非常に大変です。そうならないためにも、正しいブラッシング方法を習得していただきます。

治療開始

初めて装置を装着するときは時間が少しかかります。装着後すぐは痛みや締めつけ感がある場合があります。
装着後は定期的な通院が必要です。治療の段階によって通院頻度は異なりますが、通院のタイミングでしっかりとご来院ください。

保定装置装着・経過観察

装置を外した後の歯は、骨や歯周組織が安定する前に放置すると少しずつ動いてしまうので、それらが安定するまで装置をつけます。
治療後は2~6ヵ月に1回程度通院していただき、少しずつ間隔をあけて経過を観察します。以上が小児矯正治療の一般的な流れになりますが、症状や治療法、歯科医院などによって当然変わりますので、参考として確認ください。

院長挨拶

スタッフ紹介

当院のご案内

アクセス